13|TDSで救護室へ

妊娠10週6日 東京ディズニーシーに行きました! ツワリも続いていましたが… 管理入院も三つ子妊娠の平均で24週頃〜と言われていたので 「今のうちに!」と、お友達を誘って行ってきました◎ その時2歳になったばかりの、お兄も一緒だったので ジェットコースターなどの激...

妊娠10週6日
東京ディズニーシーに行きました!

ツワリも続いていましたが…
管理入院も三つ子妊娠の平均で24週頃〜と言われていたので
「今のうちに!」と、お友達を誘って行ってきました◎

その時2歳になったばかりの、お兄も一緒だったので
ジェットコースターなどの激しめアトラクションには乗らず
ショーとグリーティングメインでの観光。
とても楽しくて、久々の開放感を味わっていたのですが

午後、ミッキーのキャラグリ待ちの時に
吐き気と悪寒が…
もうすぐミッキー!という頃には立ってるのもキツイくらいで…
でもせっかくの楽しい雰囲気も壊したくないし
並んだし!もうすぐだし!頑張れ私!
と奮い立たせて平静を装っていた時にスタッフの方から

「すいません、後ろに妊婦さんが居るのですが先に通しても良いですか?」と

いつもだったら「どうぞどうぞ!」とお譲りするし
一緒に行ったお友達も「もちろん、どうぞ〜」と快く言える人たち。
同じ妊婦だからこそ
お譲りしたい気持ちもあったけど…
でも…
本当に辛くて
「すいません。私も気分が悪くて…」と暴露。

自分では、平静を装っていたつもりでしたが
お友達には
「やっぱり!?ちょっと顔色悪くなって来たと思った!」
と言われバレバレ(^^;

でも、ここで暴露しておいたおかげで
スタッフの方が迅速に動いてくれて
キャラグリ後、すぐに一人キャストさんがつき
車椅子を用意してくれたり
救護室まで運んで下さいました◎

救護室には看護師さんが在中していて
症状について相談
  • 血圧が急に下がった時のような、フラつきと冷や汗が出る
  • 三つ子を妊娠していること
  • ツワリがあること
を伝えると、近くの産科のある大きい病院を探してくれました!

ただ、車椅子に座ってゆっくりしている内に
結構症状が落ち着いてきていたので
すぐに病院ではなく
少し横になって様子を見させてもらうことに

救護室には病院の大部屋のように
カーテンで区切られたベットが8床位あったかな?(ウロ覚えです)

お兄もベビーカーから下ろして添い寝
10分弱横になったら随分回復したので
あわよくば、ちょっとだけお友達と合流して、早めに帰ろうかなぁ〜
なんて思っていたら

あれ?
なんかお兄、熱い?

まさかのお兄発熱ー!!

そのまま救護室のキャストさんに相談

お兄も辛そうだったので、合流は諦め
タクシーを救護室の裏まで呼んでもらい
氷嚢をもらって帰宅することに。

この氷嚢がまた、気が効いていて
氷を入れた袋に一枚結露を吸い取るための紙が巻いてあり
↑がさらに袋に入っていて
冷たいのに、結露で洋服が濡れたりしないんです!!
さすが!Disneyクオリティーのおもてなし!と地味に感動。笑

タクシーは救護室の裏口まで来てくれて
帰宅しながら、TDSの裏側まで見れて
それも感動!


お兄の妊娠中は
積極的に運動(マタニティヨガや、マタニティビクス)をしていて
それが安産に繋がったと思っていたので

多胎妊娠の大変さをちゃんと理解していなかった私は
当時まだ、お兄と週3のベビー(親子)スイミングにも通っていて
おでかけも、よく行っていたし
(むしろ産後は動けないだろうと、ここぞとばかりに外出していました)
その結果、私もお兄も体調を崩してしまって…
本当に無茶していたな…と反省。

そして、無理しないように体調に気を遣い始めると
なかなか外出できずに、1日中家に引きこもってしまう日もあって
遊びたい盛りのお兄に、とても申し訳ない気持ちに…

やりたいこと、できないこと
しない方がいいこと
でも、やってあげたいこと

…色々上手くいかなくて
すっかりマタニティブルーに…

妊婦としても、一児の母としても
自信が持てないまま
妊娠12週2日、4回目の検診に続く→

←PREV
初めから読む NEXT→

You Might Also Like

0 コメント

コメントはこちらから

Flickr Images